生物行動分析システムの実証実験を行いました

AIでのカメラからの画像解析を得意としている弊社株式会社エイブリッジと、神戸市立須磨海浜水族園(須磨海浜水族園共同事業体:代表企業株式会社アクアメント)およびクラウド録画サービス「Ciero」を開発しているヴイ・インターネットオペレーションズ株式会社(大阪府中央区)との3社共同で水中生物の行動分析に関する実証実験を行いました。

これまで、飼育員や研究者が24時間常時観察を行っていましたが、録画映像からAIを使って映像解析を行うことでグラフ表示をし行動の回数・時間を可視化しました。これによって、行動の見逃しを予防し、より飼育員や研究者が時間を有効に使えるようになります。

今回はコモリガエル(ピパピパ)を用いた実証実験を行い11/24~25に麻布大学(神奈川県相模原市)で開催された「日本爬虫両棲類学会 第57回大会」の企業ブースに展示し、成果を発表しました。来場者の方から「複数の生き物がいても一つの生き物のみを検知することが出来る」ことや、「録画した映像の必要なところをグラフからピンポイントに摘出し行動回数も自動で計算できる」こと、「複数の生物の比較研究により交尾や捕食時の個体間の距離を測ることが出来る」ことなどに興味を持っていただき好評でした。

今後も弊社のAI技術を活用し、各々の研究者へのニーズや合わせた研究・開発を行い、様々な飼育環境における生物行動の“データ化”、“見える化”の実現を追求してまいります。