【農業】内閣官房主催の未来投資会議構造改革徹底推進会合へ参加しました。

11月22日に合同庁舎(東京都千代田区)にて行われた内閣官房主催の未来投資会議構造改革徹底推進会合にて農業の人手不足が深刻化し、民間の会社ではどのような取り組みをしているのか、また来年の施策への参考にと弊社を含めた日本企業4社を招聘いただきました。

弊社では、現在すすめている繁忙期特化型サービス(移動式農業)と外国人労働者を元に日本の農業活性化をサポートするサービス事業の説明をお話させていただき、どういった課題に貢献できるかをお伝えさせていただきました。

繁忙期特化型サービス

登録支援機関 認定

特定技能VISA 認定

今後、弊社では日本の農業を守るべく取り組みを進めてまいります。

【農業】株式会社エイブリッジ、農業×働き方×ITで「農業week」内、「次世代農業EXPO」に出展します!

株式会社エイブリッジ (本社:東京都渋谷区 代表取締役:上野 耕平) は、2019年10月9~11日までの3日間開催される「農業week」内の「次世代EXPO」へ株式会社INGENと共同出展致します。

農業weekとは最新のアシストスーツや、データを活かした農業経営を実現する IoT製品、ドローン、植物工場など、ニーズに合った最新の農業製品が幅広く出展されます。
当日弊社からは独自の取り組みである人手不足を解決する「循環型農業(移動式農業)」、農作業者の命を守るIoT「Agri health manager」、農家の後継者継承をメインに行う「後継者マッチングサイト」の3点、そして株式会社INGENさんと共同開発を行った農作業で起きる問題を解決へ導くアプリ「Mr.カルテ」を展示させていただきます。

■循環型農業(移動式農業)について
循環型農業(移動式農業)とは、日本人と特定技能1号の外国人労働者が一緒に、日本全国をまわり季節の変化や収穫の変化にあわせて、労働者を移動させて行う農業のことです。これによって農業の人手不足を解決します。

■Agri health manager
農作業者が身につける異常検知時計です。農作業者の脈拍を計測し、異常値以上になるとスマホを介して農作業者と管理者のアラームが鳴ります。スマホを持ち歩くことで位置情報も送られ、離れた場所にいても特定し、すぐに様子を見に行くことが出来ます。これによって、農作業者全体の健康状態を見守り、把握することが出来ます。

■後継者マッチングサイト
跡継ぎのいない農家の方が、先を見越して後継者を見つける為のマッチングサイトになります。後継者のいない農家の方にとって将来の土地や作物の心配は尽きません。農家を目指す若者にとっては、土地を購入し、知見を身につけるのはすぐには難しい。そんなどちらの困りごとを解決するため、弊社がマッチングに力添えします。

■Mr.カルテ(株式会社INGEN×株式会社エイブリッジ)
農作業を行う上で起きてしまう「生理障害が起きる」「収穫量が増えない」などの問題を、このアプリ1つで解決します。農業日誌はもちろん、目標をいれることでどのようなスケジュールをたてればいいのか、収穫量を増やすための栽培改善判断をサポート、病害虫対策に必要な情報などを知ることが出来ます。またアプリの使い方がわかるか不安な方でも大丈夫です。弊社エイブリッジのスタッフはこちらの使い方を理解していますので、アプリ+エイブリッジスタッフで農作業の効率化アップを狙えます。
—————————————————–
■農業week(次世代農業EXPO)
■開催時期:2019年10月9(水)~11日(金)
■小間番号:28-62
—————————————————–

【農業】特定技能1号、25名認定!受入れ準備始める

 

株式会社エイブリッジ(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長 上野耕平)は、入国管理局へ申請しておりました25人のカンボジア人労働者の特定技能1号としての入国を9/24に認定されました。

 

弊社は、4月1日より外国人労働者の受入れ機関としてサポートを開始し、派遣として活躍して頂けるカンボジア人25名を福岡出入国在留管理局那覇支局へ申請していました。本日認定がおりました特定技能1号として、農業分野において夏は北海道、冬は愛媛など全国の繁忙期にあわせ就農者が移動しながら農業を行う循環型派遣で活動を行う予定です。それにより、農家は閑散期に人を抱える必要がなくなり、負担が大幅に軽減される等、全国の農家に大きなメリットが生まれます。

 

今後、外国人労働者の皆様には様々な場所や企業様で活躍していただくと同時に、外国人労働者が技術面や給与面でもスキルアップができる環境作りをエイブリッジはすすめて参ります。

 

【農業】沖縄県内初!登録支援機関での特定技能VISAが認定!


この度、弊社は9月9日より登録支援機関としての活動にて、沖縄県内初めてとなる特定技能1号VISAが認定交付されました。
特定技能で活躍予定の外国人労働者6名は、沖縄の株式会社しらみずファームにて、菊・ゴーヤ・オクラなどの耕種農業に携わり、農業分野で活躍予定となっています。今回の受入れ実績を元に、今後も様々な企業様の受入れ支援を行い、日本の農業活性を目指します。

【農業】沖縄事務所住所変更/ホームページのリニューアル

弊社、沖縄事務所が移転しました。
下記住所になります。

【農業派遣事業部】
沖縄県那覇市おもろまち4丁目6−6 前原ビル201号

また、農業人材派遣のホームページがリニューアルしました。外国人労働者のページも出来ましたので、ぜひごらんください。
農業派遣事業部ホームページ

【農業】登録支援機関として認可がおりました

【登録支援機関として認可がおりました】
2019年6月7日に登録支援機関としてエイブリッジが認定されました。(登録番号:19登-000433)
今後は、外国人労働者の受入れから定着までのサポートを行える受入れ機関としても、
受入れ機関の支援委託を行う登録支援機関としても、特定技能14分野全てで活躍出来ます。
外国人労働者の受け入れや導入などは弊社エイブリッジにお任せください!
以下サイト参照
法務省:登録支援機関

【農業】 メディア掲載のお知らせ

5/22発売の読売新聞 総合三面に弊社が掲載されました。
外国人材支援ビジネスである外食の特定技能試験の記事に出てくる外国人労働者のテーマで、“農業と漁業”という分野で取り上げて頂きました。

弊社では、農業の人手不足解決の一歩として特定技能の制度を活用した取り組みに力を入れています。今後日本の農業を担う方が増えるような仕組み、そして外国人労働者の方々が働きやすい環境作りを行い、労働力不足を解消へと導く一歩として活動をおこなっています。

今回の紙面では、農業への派遣という部分で今後の外国人労働者の需要の高さについて掲載していただいていますので、ぜひご覧ください。

【農業】メディア掲載のお知らせ

4/3発売の日経産業新聞「Start up X」に弊社取り組みが掲載されました。
ぜひご覧ください。下記内容がプレスになります。

「 繁忙期特化型人材サービス」の提供を4月より開始!

農家の負担軽減と人手不足を解決する為に特定技能ビザを持った外国人労働者の受入から定着までのサポートを支援するサービスを開始いたします。

日本の人手不足が深刻なことから、「出入国管理法の改正案」により働き手を増やす為に外国人労働者を受け入れる在留資格「特定技能」が新設されました。これによりエイブリッジは、受入れ機関として外国人労働者を農業や漁業へ派遣することが可能になりました。

エイブリッジは昨年沖縄で認定された国家戦略特別区域農業支援外国人受入事業で、今年1月30日に特定機関として認可が下り、特定技能のスタートに先駆け4月1日よりベトナム人労働者を受け入れます。エイブリッジでは国家戦略特区認可の実績を生かして人手不足の農家の方々の為に、外国人労働者受入れに必要な多くの工程を弊社が代理で行うサポートを行うことに至りました。

弊社のサポートを利用して頂き、外国人労働者を雇用しやすくすることで農家の方々の負担を軽減し、また外国人労働者にとっても利益が発生するような循環型人材派遣を行います。循環型人材派遣というのは、各地の農業で人材を必要とする時期にあわせ、季節変動の利用による農業技術労働者の派遣のことです。当サービスでの外国人労働者受入期間としては、国の受入人数に達するまでを予定としています。

エイブリッジは本サービスを通じて、日本の農業技術を外国人へと技術継承を行うこと、外国人労働者の人権に関わる賃金体系に配慮を行い、日本で外国人労働者が活躍できる場所を提供し、アジアの架け橋となるような関係を築くことで日本の人手不足を解消して参ります。