【IT】簡易VRをダンボールと100均のレンズで自作して体験

VRと言えば、Oculus Rift(オキュラスリフト)やHTC Vive(エイチティーシーバイブ) を利用したVRが有名ですが、これらはハイスペックなVR HMD(バーチャルリアリティ ヘッドマウントディスプレイ)で、視野角も広くコントローラーやPCで自由にバーチャルな世界を動き回ることができる本格的なVRです。

本格的なVRはVRのソフトウェアやコンテンツを動かすために3Dグラフィックスの描画を行うグラフィックボードの性能が良いハイスペックなPCなどの環境も必要です。そこで、もっと簡単にVR,3Dを楽しむ事ができるのが、「Google Cardboard」などのスマホを利用したモバイルVRのデバイスです。これらの簡易的なVRは動画を3Dで閲覧できスマホのジャイロセンサーで360度を見渡すこともできます。比較的安く環境が整うので様々な分野で普及され始めています。

■ダンボールで作成する簡易的VRのための準備

ダンボールで作成する簡易的VRゴーグルは、Googleの「Google Cardboard公式サイト」からの仕様書を見ながら自作しました。材料はダンボールと100均でレンズ、磁石、マジックテープなどを購入し組み立てて作成します。汗でボロボロになるのを防ぐために肌が当たる部分の補強にラミネートなども用意します。

■実際に見てみよう!

スマートフォンからこの3D動画「ベトナムVR動画」を開いてから確認する事ができます。

YouTubeもこの3D動画に対応しています。「Cardboard」ボタンを押せば、SideBySide(サイド・バイ・サイド方式)の3D動画になります。ダンボールのモバイルVRのデバイスにスマホを組み合わせて3Dを楽しみます。観光地の案内やPRには最適なのではないでしょうか。

■VRゴーグルで宣伝PRしよう!

最近では、通販サイトでVRゴーグルが様々なバリエーションで安く売られているので自分で楽しむのであれば、労力を考えると自作するよりは通販サイトで購入する方が良いかもしれません。

ダンボールの良いところは、組み立て式で比較的安価なので広報・宣伝目的で配布がしやすいところです。360°の動画をコンテンツにすれば、臨場感がある商品の企業のPRや観光地のPRができるので、宣伝PR目的としては面白いのではないでしょうか。

ドローンで撮影した360°の風景動画を観光地で配布したり、QRコードをスマートフォンで読み込むだけで、その展示物の内容を3D動画で説明してくれる動画をショールームや美術館や博物館で配布したりと、これからも用途や利用シーンが増えそうです。

【IT】メガネ型ウェアラブルグラスEPSONのモベリオ BT-300/BT-350のレビュー体験(アプリ開発)

エイブリッジで開発した「ManualAssist(マニュアルアシスト)」では、作業マニュアルや修理・故障マニュアルなどの社内サービスマニュアルをウェアラブルグラスに表示させる事が可能です。マニュアルを見ながらの作業で、作業者をしっつかりサポートします。
マニュアルのデータは、PDFから制作することができるので導入しやすく、オフラインでも動作が可能ですのでWifi通信が不安定な場所でも動作が大丈夫です。EPSONのモベリオは両眼タイプで、画面がぼやける事もなくしっかりと内容を確認でき、長時間の作業でもストレスをさほど感じません。ページをめくるには、付属のコントローラーや音声認識でマニュアルのページをめくります。
マニュアルの呼び出し方ですが、QRコードの読み込みやARマーカーの読み込み、位置情報、JANコード、AI(画像認識)からの呼び出しなど、お客様の環境にあったマニュアルの呼び出し方をご提案します。

■ウェアラブルでの研修・教育動画の再生

従来の保守・検査業務などの研修や教育は、時間やコストがかかり大変でした。確認や保守作業が必要なところへ、ユニークなQRコードやARマーカーを張り付けることにより、それをウェアラウルのカメラで読み取ることにより、ウェアラブル上で動画再生いたします。QRコードやARマーカーを張り付けずに製品だけで判断したい場合は、ARでの画像認識や立体認識、AIのディープラーニングでの機械学習などの方法での呼び出しになります。
このようなAR(各超現実)技術を用いることによって、各箇所や場所に沿った研修・教育・確認作業が可能になります。「ManualAssist(マニュアルアシスト)」同様に、SDメモリーカードを利用すれば、Wifi環境がないオフラインの環境でも動作します。

■作業者の作業記録(エビデンス管理)

設備・工事や医療・介護など作業者の作業内容の確認や作業内容の記録管理が注目され始めています。作業者がウェアラブルグラスを付けて作業するだけで手を止めずに業中の動画・静止画などの記録をSDメモリーカードに保存することも可能です。また、そのデータを利用し作業資料などを素早く作成する仕組みを作ることで、社内に戻り資料を作成する手間も省きます。「ManualAssist(マニュアルアシスト)」同様に、SDメモリーカードを利用すれば、Wifi環境がないオフラインの環境でも動作します。

■遠隔にあるパソコンの画面表示

遠隔にあるパソコンの画面を表示させることで、社内にあるデータを確認できます。また、MOVERIO BT-300のコントローラーで遠隔にあるパソコンを遠隔操作することもできます。遠隔にあるパソコンの画面を同時に複数のウェアラブル機器に表示できるので、教育などにも利用できます。

ウェアラブルグラスの導入ポイントとしては、手軽に安定した利用ができるかどうかが重要なポイントになります。大掛かりな通信環境や運用体制が必要な場面ではなかなか導入が進みません。

* MOVERIO Pro BT-2000/BT-2200,MOVERIO BT-300/BT-350は、セイコーエプソン株式会社の登録商標です。
* QRコード/QR Codeは(株)デンソーウエーブの登録商標です。

【IT】ホロレンズで体験できる事(アプリ開発)

Microsoftのホロレンズは、AR/MRを実現できる光学透過型ヘッドマウントディスプレー(HMD)です。赤外線発光モジュールを持ち、環境認識カメラ、深度カメラ、照度センサーなど各種センサーも充実しています。弊社では、お客様の要望に合ったホロレンズのアプリ開発を行っています。お気軽にお問い合わせ下さい。

■ホロレンズで、設計データの確認

設計部で設計しているデータをOBJに変換しサーバーに置きます、そのデータを読みホロレンズで確認します。立体の感覚を確認しながら設計者は設計します。

■ホロレンズで、製品情報・部品情報の確認

修理や保守を行うアフターサービス部門で製品の情報を確認します。本物の製品を触るように、製品を分解したり部品名や部品コードを確認します。

■ホロレンズで、部屋の模様替え

部屋の壁や床をスキャンして、壁や床の模様や色を変えてシミュレーション。また、部屋にホログラフィックの家具や製品を置くことでの配置シミュレーションも。いろんなパターンを自分で設定できます。

■ホロレンズで、距離の確認

ホロレンズで、距離を測れます。また、ホロレンズさえあればホロレンズで見ている映像を遠隔のパソコンでも確認することができます。

ホロレンズは、設計現場や建設現場、医療現場などで研究・活用・導入され始めています。〇〇とMicrosoftのホロレンズを組み合わせる事のイノベーションで、いままでできなかった事ができるようになります。ぜひ、ホロレンズを体験したい方は大阪ラボオフィスまで。

* Microsoft、Windows、HoloLens は、米国 Microsoft Corporation の米国及びその他の国における登録商標または商標です。

【IT】ベトナムでのIT活動

今回訪問した街はベトナム最大の都市ホーチミン!街中ではバイクの量がすごく、クラクションの多さにも驚きましたがすぐに慣れて大好きな街になりました。食べ物もおいしく、観光の市場でも日本語で話しかけられ親しみやすく楽しめます。

日本人に似て勤勉でIT分野でもすごく発展しています。インターネット環境も普通に利用できました。ITの世界では、日本語の勉強をしている人が多く、優秀な人が多かったです。

FUJINET SYSTEMS JSCS様と業務提携を結びました。

エイブリッジ(Abridge)のAは、アジアのAです。アジアと日本を人や技術、プロダクトで橋渡し皆様のお役に立てればと考えています。私たちはアジアを中心に新しい働き方を目指しています。そういう中で今回のベトナム訪問は、様々な企業様やいろんな方たちと出会え、エイブリッジとして大きなプラスになりました。

今後もベトナムの様々な企業様との意見交換や技術協力をしながら、エイブリッジは、技術力を向上させていきます。

【IT】ARでパッケージ(箱)の中身を表示

スーパーの陳列棚に並んでいる商品のパッケージの中身を確認したいと思ったことはないでしょうか?スマホのカメラをかざすだけでパッケージが透けて中に入っているものを表示できる商品確認アプリです。

AR技術を利用すれば、お客様が知りたいことを付加情報として表示してあげることができます。その一つの事例としてパッケージ(箱)の中身を付加情報として表示させるARです。商品の購入を考えているお客自身で、商品を手に取りパッケージ(箱)の中身の商品を表示できれば、お客様の安心にもつながり販売促進になります。

ARのイメージとして、スマホでARマーカーにカメラをかざして動画とかCGを呼び出すようなイメージをする方が多いと思いますが、それだけではなかなか利用シーンが生まれません。企業で利用する場合はAR技術をざまざまな形で応用したり表示するコンテンツを工夫することで、便利なツールとして利用されています。

【IT】大阪梅田のIPHONE・IPAD・ANDROIDアプリ開発会社

大阪オフィスですが梅田の駅前ビルから中津(大阪市北区豊崎)へ事務所を移動してきました。大阪梅田のiPhone・iPad・Androidアプリ開発会社をお探しならぜひ、お越しください。

中津は大阪梅田の直ぐそばにあり、歩いても梅田に行けます。大阪グランフロントも近くにあり、IT系のセミナーや勉強会が大阪グランフロントではよく開催しているので、ソフトウェアの開発会社やアプリ開発会社、IoT系の開発会社、Web系の制作システム会社やサービス会社なども集まり交流しやすくなります。

新オフィスは、阪急梅田からも歩いてすぐ、中津の駅からは1分ほどの場所にあります。「中津」駅から徒歩1分 「梅田」駅より徒歩5分 「大阪」駅からは、徒歩8分ほどです。

【IT】エストニアでのIT活動

今回宿泊した街はタリン!旧市街に位置づけられていて、昔の文化を残しつつ新しい発展を遂げている街です。

IT国と言われてるだけあって、いろんな設備はIT化されている模様で、公共機関のやりとりや、銀行口座開設なども全てネットでできるようです。ただし、日本のように街中のカフェにはPCを持った人がたくさんいるというイメージではなく、とてものどかな雰囲気です。

エストニアのメンバーとで、安心・安全な技術としてブロックチェーンの話で盛り上がりました。

エストニアは、IT大国、IT先進国といわれるだけあって、素晴らしいエンジニアが沢山いるようです。SkypeなどのITベンチャーが多く、国を上げてITを推進しています。

今回も、様々なものに出会え得るものが大きかったです。

【IT】ARシミュレーション開発の事例

自分の部屋への配置のイメージを再現したい家具。試着のイメージを再現したい服やメガネ、ネクタイ、靴…。オプション品や付属品の組み合わせが多い車やバイク。もしくは、ゴルフや釣り竿などの趣味のレジャー製品まで。様々なところで自社の製品をユーザー自身がシミュレーションできる環境を求められています。

最近では、PC上でシミュレーションができる環境以外に、スマートフォンやタブレットとARを利用したシミュレーションシステムを導入する企業が増えています。実際に購入を検討しているお客様の部屋に商品を置いたときにどのようなイメージになるのか?どこに配置すればいいのか?大きさ、色などをより自分の環境で、理想の商品を具体化しイメージがしやすくなります。

現実の世界で再現できるARのシミュレーションは、写真やCGの組み合わせで、様々なパターンの商品を現実の世界に重ね合わせながら、再現することができます。

製品にオプション品や付属品などの組み合わせで販売されているカスタム製品などは、シミュレーションしながら、その組み合わせでの見積もりも再現可能になります。そのまま、その組み合わせで発注という事にも。
また、シミュレーションで再現しようとしたユーザーの行動ログを取得すれば、ユーザーがどのような組み合わせをしようとしているのか?その製品に何を望んでいるのか?も分かり、メーカー様の次の製品開発の参考にもなります。

お客様側で、製品のCGがスマホで軽く表示されるだけでも、大きなメリットだと言えるでしょう。

【IT】HOLOLENS(ホロレンズ)開発の事例

HoloLens(ホロレンズ)は、Microsoftのヘッドマウント型の表示機器です。

現実の世界に仮想のホログラムを重ね合わせることができます。HoloLens(ホロレンズ)がすごいところは、現実の世界に重ね合わせたホログラムを操作することができます。

HoloLens(ホロレンズ)があれば、建物や製品の3D設計データ、パソコンのソフトや印刷物のマニュアルなどホログラムで表示させ、移動させたり置いたり、操作したりが可能になります。

今まで大がかりだったMRの仕組みが、HoloLens(ホロレンズ)のおかげで、身近に体感できるようになりました。そして、このHoloLens(ホロレンズ)のソフトウェア・アプリ開発をする事で、パソコンを現場に持ち込み操作するように、屋外の現場業務をスマートに行う事ができます。

特に、HoloLens(ホロレンズ)は慣性計測装置 (IMU)/環境理解/デプス/複合現実/環境光センサーなど凄いセンサーが沢山ついており、測定などセンサーに対応したソフトウェア・アプリ開発もしやすいです。

HoloLens(ホロレンズ)があれば、設計データの確認・発注、教育システム、遠隔会話、部屋の模様替えシミュレーションなど様々なことが可能になります。HoloLens(ホロレンズ)のソフトウェア・アプリ開発を行いたいときはぜひ、お気軽にご相談ください!

【IT】3DCGモデルの例と価格(制作費用)

製造メーカーや車業界、建築業界、ゲーム業界、多くの分野で3Dモデルの制作がされるようになりました。3DCG制作のソフトでは、Autodesk 3ds MaxやAutodesk Mayaが有名です。最近では、ARやVR用に3Dモデルを制作することも少なくありません。

この3Dモデルのデータをシステム開発で利用するには、.FBX や .OBJ などのファイル形式にし、Unityというプログラムの開発環境へ持っていきます。

3Dモデルの制作手順は、2Dの図面や絵コンテ、前後左右上下などの写真などを準備し、モデリングを始めます。その次に、テクスチャーを制作し仕上げます。3Dモデルを動かす場合は、スケルトンを制作し骨組みを作り、その骨組みに対し、アニメーションのスクリプトを作成していきます。
3Dモデルの品質は、時間をかければかけるほど品質が良くなります。ただし、費用や価格も変わってきます。アニメーションについても滑らかさなどは、骨組みや設定の量にも影響します。入稿する原稿やデータによっても制作日数は変わってきますので、ぜひ一度お見積り依頼ください。