【IT】メガネ型ウェアラブルグラスEPSONのモベリオ BT-300/BT-350のレビュー体験(アプリ開発)

エイブリッジで開発した「ManualAssist(マニュアルアシスト)」では、作業マニュアルや修理・故障マニュアルなどの社内サービスマニュアルをウェアラブルグラスに表示させる事が可能です。マニュアルを見ながらの作業で、作業者をしっつかりサポートします。
マニュアルのデータは、PDFから制作することができるので導入しやすく、オフラインでも動作が可能ですのでWifi通信が不安定な場所でも動作が大丈夫です。EPSONのモベリオは両眼タイプで、画面がぼやける事もなくしっかりと内容を確認でき、長時間の作業でもストレスをさほど感じません。ページをめくるには、付属のコントローラーや音声認識でマニュアルのページをめくります。
マニュアルの呼び出し方ですが、QRコードの読み込みやARマーカーの読み込み、位置情報、JANコード、AI(画像認識)からの呼び出しなど、お客様の環境にあったマニュアルの呼び出し方をご提案します。

■ウェアラブルでの研修・教育動画の再生

従来の保守・検査業務などの研修や教育は、時間やコストがかかり大変でした。確認や保守作業が必要なところへ、ユニークなQRコードやARマーカーを張り付けることにより、それをウェアラウルのカメラで読み取ることにより、ウェアラブル上で動画再生いたします。QRコードやARマーカーを張り付けずに製品だけで判断したい場合は、ARでの画像認識や立体認識、AIのディープラーニングでの機械学習などの方法での呼び出しになります。
このようなAR(各超現実)技術を用いることによって、各箇所や場所に沿った研修・教育・確認作業が可能になります。「ManualAssist(マニュアルアシスト)」同様に、SDメモリーカードを利用すれば、Wifi環境がないオフラインの環境でも動作します。

■作業者の作業記録(エビデンス管理)

設備・工事や医療・介護など作業者の作業内容の確認や作業内容の記録管理が注目され始めています。作業者がウェアラブルグラスを付けて作業するだけで手を止めずに業中の動画・静止画などの記録をSDメモリーカードに保存することも可能です。また、そのデータを利用し作業資料などを素早く作成する仕組みを作ることで、社内に戻り資料を作成する手間も省きます。「ManualAssist(マニュアルアシスト)」同様に、SDメモリーカードを利用すれば、Wifi環境がないオフラインの環境でも動作します。

■遠隔にあるパソコンの画面表示

遠隔にあるパソコンの画面を表示させることで、社内にあるデータを確認できます。また、MOVERIO BT-300のコントローラーで遠隔にあるパソコンを遠隔操作することもできます。遠隔にあるパソコンの画面を同時に複数のウェアラブル機器に表示できるので、教育などにも利用できます。

ウェアラブルグラスの導入ポイントとしては、手軽に安定した利用ができるかどうかが重要なポイントになります。大掛かりな通信環境や運用体制が必要な場面ではなかなか導入が進みません。

* MOVERIO Pro BT-2000/BT-2200,MOVERIO BT-300/BT-350は、セイコーエプソン株式会社の登録商標です。
* QRコード/QR Codeは(株)デンソーウエーブの登録商標です。