【農業】メディア掲載のお知らせ

4/3発売の日経産業新聞「Start up X」に弊社取り組みが掲載されました。
ぜひご覧ください。下記内容がプレスになります。

「 繁忙期特化型人材サービス」の提供を4月より開始!

農家の負担軽減と人手不足を解決する為に特定技能ビザを持った外国人労働者の受入から定着までのサポートを支援するサービスを開始いたします。

日本の人手不足が深刻なことから、「出入国管理法の改正案」により働き手を増やす為に外国人労働者を受け入れる在留資格「特定技能」が新設されました。これによりエイブリッジは、受入れ機関として外国人労働者を農業や漁業へ派遣することが可能になりました。

エイブリッジは昨年沖縄で認定された国家戦略特別区域農業支援外国人受入事業で、今年1月30日に特定機関として認可が下り、特定技能のスタートに先駆け4月1日よりベトナム人労働者を受け入れます。エイブリッジでは国家戦略特区認可の実績を生かして人手不足の農家の方々の為に、外国人労働者受入れに必要な多くの工程を弊社が代理で行うサポートを行うことに至りました。

弊社のサポートを利用して頂き、外国人労働者を雇用しやすくすることで農家の方々の負担を軽減し、また外国人労働者にとっても利益が発生するような循環型人材派遣を行います。循環型人材派遣というのは、各地の農業で人材を必要とする時期にあわせ、季節変動の利用による農業技術労働者の派遣のことです。当サービスでの外国人労働者受入期間としては、国の受入人数に達するまでを予定としています。

エイブリッジは本サービスを通じて、日本の農業技術を外国人へと技術継承を行うこと、外国人労働者の人権に関わる賃金体系に配慮を行い、日本で外国人労働者が活躍できる場所を提供し、アジアの架け橋となるような関係を築くことで日本の人手不足を解消して参ります。

【農業】新サービスのお知らせ および、外国人労働者への交付式の案内

弊社では、農家の負担軽減と人手不足を解決する為に特定技能ビザを持った外国人労働者の受入から定着までのサポートを支援する「 繁忙期特化型人材サービス」の提供を本日よりスタートします。
サービス内容はお電話でお問い合わせください。(後日HPに掲載します)

また、サービスで一緒に働いていただくベトナム人の方のための
交付式を4月3日に弊社沖縄オフィスにて行います。
ご興味のあるメディア関係者は弊社広報担当の澤水へ
ご連絡をいただきますようお願い致します。

大阪オフィス 0661479272
広報担当 澤水

【IT】セミナーの議事録について

先日、レバテック株式会社で開催されたセミナーの様子をお伝えします。

弊社エンジニアの2名が登壇しました。
下記内容についてお話しました。

①MR(HoloLens)の業務活用について
<講演内容>
エイブリッジでMR(複合現実)で行ってきた事例を中心に、
AR/VRとは違う、最新の【MRビジネス】の動向についてお話しします。

②これからAIプロジェクトを始めるためには
<講演内容>
AIプロジェクトを始めるためのhowtoについて
・普通のシステムとの違い
・気をつけるポイント
・基礎知識について

その後はレバテックさんやお話を聞きに来てくださった皆様と
懇親会を行いました。

 

【IT】セミナーのお知らせ

本日はセミナーのお知らせです。
弊社エンジニアの齋藤と能勢が登壇し、「MRの業務活用 / AIのプロジェクト化に関して」をお話させていただきます。

【日 時】2019年3月9日(土)14:00~16:00 受付:13:30~
【場 所】レバテック大阪支社
大阪府大阪市北区堂島1-5-30 堂島プラザビル 2F

ご興味があるかたは、無料ですのでぜひご参加くださいね!下記URLからサイトへ飛べます。

【connpass】
https://hikalab-kansai.connpass.com/event/122282/
【peatix】
https://peatix.com/event/611075/view
【ATND】
https://atnd.org/events/104402

【IT】富士ゼロックス株式会社様のオフィスの一角にアプリを展示させて頂いています

富士ゼロックス株式会社様が進められているイノベーションオフィスの一角に
弊社がお手伝いさせていただいたMRアプリケーションを展示させていただいております。

ブース:未来のワークプレイス
場所:富士ゼロックス R&Dスクエア(神奈川県横浜市西区みなとみらい6-1)

内容としましては、MicrosoftのHololensを使用したもので、
“未来の働き方”をイメージしたものが展示されています。

Hololensを装着し、オフィスの床や壁の色を変えたり、
観葉植物や置物などのインテリアを置き部屋のセットを変えながら、
オフィスの想像空間を体験して頂くことが出来るものや、
複数の人数で実際の製品をデータとして現実に出し、
それを触りながら会議を行うというものです。

皆様も富士ゼッロクス様のイノベーションオフィスで最先端の技術をご確認下さい。
又、MRに関する御問合せは下記までお願いします。
会社名  株式会社エイブリッジ
電話   06-6147-9272

 

【農業】農業支援外国人受入事業の特定企業として認可がおりました

先日、沖縄県の国家戦略特別区域農業支援外国人受入事業で、
エイブリッジが特定機関として認定されました。

沖縄県庁ホームページ

Q.国家戦略特別区域農業支援外国人受入事業とは?
農業支援外国人受入事業とは、経営規模の拡大などによる「強い農業」を
実現するため、外国人の人権にも配慮した適切な管理体制の下、
一定水準の技能等を有する外国人材の入国・在留をする事業です。

農業での人材不足を打破すること、また外国人労働者のイメージ払拭を
目的としており、特区として認定された区域(今回の場合は沖縄県内)で、
特定機関が農家さんへ外国人材を派遣する形で、就農が認められています。

エイブリッジは8年間、沖縄県内のさとうきびを中心に
農業と携わってきました。特に離島でご協力させて頂く中で、
人材不足において、農家の窮状を肌で感じる機会がたくさんありました。
今までは日本人のみでの協力体制でしたが、今回の特区認定を受け、
さらに外国人材の労働力を活用できるようになります。

現在、自社でも農業生産法人化への準備をしており、農業事業での
新卒採用や育成、免許取得などを進めていますが、
今後は外国人材についても、同様のスキル継承を行ってレベルアップを
目指し、賃金体系も日本人と同等となるようにしていきたいと考えています。
また、さとうきび以外にも、パインなど他の主作物もふくめ、
さらに県内農業へ貢献できるよう邁進します!
エイブリッジ農業の今後の活躍に、ぜひご期待ください!

【IT】AIによる生物行動分析

■生物の行動を見える化。AIによる生物行動分析システム

水族館には研究機関という役割もあり、飼育員をはじめ研究者が展示生物の生態について日々観察・研究をしています。しかしながら、人の目で24時間常時観察を行うのは困難で、録画を行っても指標となるデータが取れないという問題が課題としてありました。

本実証実験では、生物の行動をカメラで24時間録画し、クラウドにデータを送信。対象となる生物をAIに学習させることで、その生物が『いつ』・『どこに』・『どれぐらいの時間滞在していたのか』をグラフ表示する等で可視化しました。
このシステムを用い、長期の録画および数値化・グラフ化することで、日常の観察では気づくことのできない特殊な行動の発見や、研究用の基礎データをとることが可能になりました。

■日本爬虫両棲類学会 第57回大会

2018年11月24日~25日に麻布大学(神奈川県相模原市)で開催された「日本爬虫両棲類学会 第57回大会」の企業ブースに展示し、成果を発表しました。
その際、大学・動物園・水族館などから多くの反響をいただき、高評価を得られました。

【農業】大野顧問の活動について

 

現代の子供たちの野球離れを昨今ささやかれていますが、
元プロ野球選手の読売ジャイアンツ(1996~2000年在籍)
ダイエーホークス(2001~2002年在籍)で活躍した
エイブリッジの大野顧問(大野倫)が、子供たちに野球の楽しさを伝え
野球人口を増やす為に沖縄県を中心に子供たちに野球を教えている風景です。

また、先日JALさんが主催のJALスポーツ能力測定会に弊社の代表として参加しています。

【IT】メディア掲載のお知らせ

本日、日本経新聞紙面・ネットにて須磨海浜水族園さんご協力の元で行われた生物行動分析システムの実証実験について紹介されました。

内容としては、須磨海浜水族園との共同で水中生物の行動分析、研究に AI を活用する実証実験を行いました。
これまで、飼育員や研究者が業務のかたわら展示生物の生態について日々観察・研究を行っていましたが、人の目で 24 時間常時観察を行うのは困難で、録画を行っていても指標となるデータが取れないという問題が課題としてありました。

そこで本実証実験では、生物の行動をカメラで 24 時間録画観察しクラウドにデータを送信、対象となる生物を AI に学習させることにより、その生物が“いつ”“どこに”“どれぐらいの時間滞在していたのか”をグラフ表示し可視化。

これにより、呼吸が必要な水中生物(ウミヘビ、カエル等)の呼吸回数のカウントが可能になり、長期の録画・数値化・グラフ化するからこそ見えてくる特殊行動の発見など、研究材料の根拠となるデータをとることが可能になりました。

下記URLにて掲載されていますので、ぜひご覧ください。

日本経済新聞

【IT】メディア掲載のお知らせ

 

本日、工業技術新聞に物流展にて展示した物流現場でIoTをつかったコスト削減や作業員確保の内容が掲載されました。

内容としては、

エイブリッジからは下記3点を展示しました。

①入荷検品やスポット作業・一斉棚卸の際に使用する中古スマホを使用した棚卸/検品アプリ。

②格納や在庫移動・ピッキングなどの際に使用するウェアラブル機器を利用した外国人作業者向けアプリ。

③カメラを利用して作業者の行動を録画し、AIで分析を行い導線分析や業務改善・作業エビデンスを残すシステム。

新商品は、出荷や入荷でかかってしまうコストを下げたり、困りごとを解決へと導く商品となっております。ぜひ掲載記事をご覧ください。